CAMP223 アパート改修計画

市街地からほど近い、住宅密集地に建つ鉄骨造2階建てワンルームアパートの改修計画。

建物の周囲は小さな商店や住宅が密集して建ち、新旧の建物が混在した街並みが広がっている。1階は駐車場として利用されるピロティとなっており、鉄骨造の柱で持ち上げられた2階に、片廊下でつながれた2つの住戸を有している。

まるで建物の密集地に隠された秘密基地のような、小さなワンルームである。

CAMP223(キャンプツツミ)と名付けれた建物は、人口減少を続ける地方都市で増加する空地(空き部屋)にできた、まさにベースキャンプのような小さな生活拠点である。

安価に購入ができ、入居者によって手が加えやすい合板や有効ボード仕上げの内装とし、設計者自らがDIY工事を行う。

現代の大量生産社会における生活の在り方として、入居者の積極的な自律的生活への期待を込めている。

用途 :​集合住宅

場所 :群馬県桐生市

担当 :根岸陽 

企画 :有限会社エフ 

​協力 :株式会社アンカー

​時期 :2020.06 ~2020.07

201号室

​共用階段に近い201号室は北側に面しており、外部との結びつきが希薄であるため、ワンルームの完結性を強めた内装としている。中央に位置する有効ボードの壁は、金具を掛けて使うことができ、キッチン、リビング、ベッド、収納などと結びつきながら場を多様に変化させる。また、腰高で水平に分割した壁の仕上げが、外周の壁をぐるりと囲い、部屋の輪郭線を強調させている。

202号室

​202号室は南側に面しており、共用階段から伸びる廊下の突き当りに位置している。

ドアを開けると廊下の続きのような細長い空間が伸びている。部屋の南側に設けられた日当たりの良い縁側のような場所は、町の路地から続くシークエンスを拡張したような連続性と、半外部的な開放感を部屋全体にもたらす。