CAMP223 201号室

ワンルームアパートの改修工事です。​共用階段に近く北側に位置しているこの部屋は、外部環境との結びつきが希薄であるため、ワンルームの完結性を強めた内装としています。中央に位置する有効ボードの壁は、金具を掛けて使うことができ、キッチン、リビング、ベッド、収納などと結びつきながら場を多様に変化させることができます。また、腰高で水平に分割した壁の仕上げが、外周の壁をぐるりと囲い、部屋の輪郭線を強調させることで、部屋全体に安心感をもたらします。

用途を住居だけに限定しておらず、事務所や店舗としての利用を見据えた柔軟性のある内装とすべく、カーテンや間仕切り壁、固定棚などの増設がしやすい合板による仕上げを採用しています。

建物概要

竣工 :2020.09

用途 :​集合住宅

規模 :鉄骨造2階建て

工事 :改修工事

場所 :群馬県桐生市

担当 :根岸陽 

施工 :ねぎしけんちくスタジオ 

企画 :有限会社エフ 

​協力 :株式会社アンカー

​写真 :ねぎしけんちくスタジオ

​改修前