小夜戸散歩道

かつては養蚕で賑わった、群馬県みどり市旧東村の小夜戸地区。産業の衰退に伴う急激な過疎化と住民の高齢化が進み、以前は田んぼや畑だった土地も使われなくなってしまいました。雑草が生い茂る土地は、草を刈ることでなんとか耕地を保っている状態です。
しかし、そんな使われなくなった農地には、日常生活のなかでは気が付きにくい素敵なことがたくさん詰まっていました。多種多様な雑草の形、草むらに隠れた小さな生き物、空を飛ぶトンボや鳥、聞こえてくる水路のせせらぎ、刻々と形を変える雲の陰。
残された田んぼの記憶、そして土地の文脈を受け継いで、新たに芽生えた土地の魅力を発見できる場所をつくろうと考えました。

展覧会:​Watarase Art Project  2012

場所 :みどり市東町小夜戸

担当 :根岸陽

​時期 :2012.09~2012.10